総合展示および蔵出し展の混雑状況について

北海道博物館では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の対策を取った上で、学校団体を始めとする団体でのご見学をお受けしています。

例年、特に、5月中旬から7月中旬まで、8月下旬から10月中旬までは、学校団体からのご見学予約が重なる時期になっています。
また、冬場には、本州方面からの修学旅行の団体が多くご来館されるという傾向も見られます。

以下の日時は、総合展示の混雑などが想定されますので、ご来館日時を検討される際の参考にしていただければと思います。

感染拡大防止へのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

総合展示の混雑が想定される日時[2022年11月30日(水)まで]

※2022年11月13日更新。
※総合展示の見学を予約している団体の総人数が100名を超える時間帯を示しています。
※混雑状況によっては、一般の方は入場をお待ちいただく場合があります。
※混雑緩和のため、混雑予想日以外でも、展示室内への入場をお待ちいただく場合があります。
※11月1日(火)以降の状況は、改めてご案内します。現段階での状況を早めにお知りになりたい場合は、学芸部道民サービスグループ(011-898-0456)までお問合せください。

◎総合展示および蔵出し展ともに、いまのところ、混雑が予想される日時はありません。


★お問い合わせ先
 北海道博物館 学芸部道民サービスグループ
 電話:011-898-0456