北海道博物館について

成田 敦史 (NARITA Atsufumi)

植物化石(木の葉化石)を使い、恐竜のいた白亜紀から現代までの北海道の植生(植物の集団)とそれを取り巻く環境がどのように変化してきたのかについて調べています。教員経験を生かし、博学連携や教育普及活動にも力を入れます。

研究グループ 自然研究グループ
職名 学芸員
氏名 成田 敦史(NARITA Atsufumi)
担当分野 地学
学位 博士(理学)、2021年(中央大学理工学研究科)
研究テーマ 大型植物化石群を用いた北海道の白亜紀~第四紀の古植生と陸上古環境復元およびそれらの変遷
効果的な地学教材開発と地学教育
備考

業績ほか以下は、外部サイトreserchmap のデータを表示しています

詳細(外部サイトresearchmap) スタッフ一覧へ