北海道博物館について

会田 理人 (AIDA Masato)

明治期以降の北海道・樺太の産業史、技術史、特に漁業史の調査・研究を進めています。人・モノ(漁具・海産物)・技術の移動と利用の歴史を明らかにするために、道内・道外のあちこちで資料を探し求めています。

研究グループ 生活文化研究グループ
職名 学芸主査
氏名 会田 理人(AIDA Masato)
担当分野 産業史(漁業)
学位 修士、2002年(北海道大学大学院文学研究科)
研究テーマ 戦前・戦中・戦後における道民生活の変遷に関する聞き書き調査
北海道における海女出稼ぎ漁と磯まわり漁業の関係史研究
日本の昆布文化と道内生産地の経済社会の相互連関に関する研究
備考

業績ほか以下は、外部サイトreserchmap のデータを表示しています

詳細(外部サイトresearchmap) スタッフ一覧へ