北海道博物館について

森のちゃれんが・北海道博物館は、北海道の自然・歴史・文化を紹介する北海道立の総合博物館です。自然環境と人とのかかわりや、アイヌ民族の文化、本州から渡ってきた移住者のくらしなどを調査・研究し、北海道民の貴重な宝である資料を収集・保存し、展示や教育、イベント・事業などを行っています。

館長あいさつ

 

2015年4月に北海道博物館(愛称:森のちゃれんが)が開館しました。北海道開拓記念館(1971年開館)と道立アイヌ民族文化研究センター(1994年開所)という2つの道立施設を統合して新たに開設されました。2つの施設が築き上げてきた伝統や優れた業績を受け継ぎ、名実共に北海道を代表する「総合博物館」を目指します。

北海道博物館は、道民と共に歩み、愛される博物館として「道民参画型博物館」を目指すとともに、北海道の「中核的博物館」として地域の博物館などとの連携を図り、地域活性化に貢献します。北海道博物館は28名の学芸員・研究職員を擁する「研究博物館」でもあり、多様な専門的・総合的研究の成果を活かして北海道の未来に貢献します。また北海道博物館は、アイヌの歴史や有形・無形の文化に関する専門的研究組織を有する世界に誇るべき総合博物館として、アイヌ文化の振興に寄与するとともに、多文化共生社会の実現に貢献します。

総合展示では北海道の自然・歴史・文化を物語る5つのテーマを用意しています。北海道の過去・現在・未来について共に考え、語り合える場として、たびたびのご来館をお待ちいたしております。

 

北海道博物館長 石森 秀三

 

館長写真(レンガバック) 

 

北海道博物館開設までのあゆみ

 

北海道博物館の前身となる北海道開拓記念館は、北海道百年記念事業の一つとして1971(昭和46)年に開館しました。開館以来、北海道開拓のなかで産み出された文化財を中心にさまざまな歴史資料を収集保存、調査研究し、それらを体系的に整えるとともに、常設展示を核とする展示活動や教育普及の諸事業を通して、北海道の歴史と先人の遺産を後世に伝える役割を果たしてきました。

また、1992(平成4)年には常設展示を全面改訂するとともに、カナダ・アルバータ州、ロシア・サハリン州及び中国・黒竜江省の博物館などとの間で「北方文化共同研究事業」を推進してきました。

このたび、開館以来40年以上を経て老朽化した施設を改修するとともに、展示の改訂も行い、アイヌ民族文化研究センターと組織統合した「北海道博物館」としてオープンしました。

これまでの北海道開拓記念館とアイヌ民族文化研究センターの事業については、要覧及び年報をご覧ください。