展示

第2回特別展「ジオパークへ行こう!-恐竜、アンモナイト、火山、地球の不思議を探す旅ー」

2016.07.09(土) - 09.25(日)

3人

「なぜ、北海道からは恐竜やアンモナイトの化石が出てくるの?」
「どうやって火山は噴火するの?」
「どうして、この花はここにだけ咲いているの?」
「石炭のまちができたのはなぜ?」

みなさんは、こんなギモンをもったことはありませんか?

これらの謎を解き明かしてくれる場所が、「大地の公園・ジオパーク」

この特別展では、道内5か所にあるジオパークとともに
北海道の自然・歴史・文化の魅力にせまりながら、地球の不思議を探す旅に出ます

さあ、今年の夏は北海道博物館へ行こう!ジオパークへ行こう!

開催概要

【会 期】平成28年7月9日(土)~9月25日(日)
【時 間】9:30~17:00(入場は16:30まで)
【休館日】月曜日(ただし、7月18日、9月19日は開館)、7月19日、9月20日
【会 場】北海道博物館2階 特別展示室
【主 催】北海道博物館
【共 催】洞爺湖有珠山ジオパーク推進協議会、アポイ岳ジオパーク推進協議会、白滝ジオパーク推進協議会、三笠ジオパーク推進協議会、とかち鹿追ジオパーク推進協議会、北海道立総合研究機構地質研究所、北海道新聞社、NHK札幌放送局、北広島市エコミュージアムセンター、一般財団法人北海道歴史文化財団
【特別協賛】北海道地図株式会社イオン北海道株式会社
【後 援】日本ジオパークネットワーク、日本地質学会、日本火山学会、日本地震学会、日本第四紀学会、日本地理学会、朝日新聞北海道支社、読売新聞北海道支社、北海道放送株式会社、STV札幌テレビ放送、HTB北海道テレビ、UHB北海道文化放送、株式会社テレビ北海道、STVラジオ、AIR-G’エフエム北海道、FMノースウェーブ

特別展観覧料

一般 600(500)円
大学生・高校生 300(200)円
高校生は土曜日は無料

※( )内は10名以上の団体料金です。
※中学生以下、65歳以上の方は無料。入館の際に年齢のわかるもの(生徒手帳、健康保険証、運転免許証など)をご提示ください。
※障がいのある方は無料。入館の際に障害者手帳などをご提示ください。

特別展示・総合展示観覧セット券

一般 1000(950)円
大学生・高校生 400(350)円

※( )内は10名以上の団体料金です。

関連イベント ※定員になり次第、締め切りになります

イベント情報はコチラから!

展示紹介

特別展の開催にあたって
本展のねらい
エントランス展示:北広島マンモス復活プロジェクト
序章 旅のはじまり
第1章 列車に乗ってジオパークへGO!
第2章 タイムトンネルで北海道1億年の旅
第3章 地底トンネルで大地をめぐる旅
第4章 ジオ(地球)の恵みを召し上がれ
第5章 松浦武四郎とアイヌ民族が見たジオパーク
第6章 ジオパークへ行こう!
新章 さらなる旅へ

おわりに

展示室からジオパークへ


ジオパークチケットCS4_ol

特別展の観覧チケットをもって、ジオパークへ行くと様々な特典が受けられます!

この夏は、北海道博物館で特別展を見た後は、ジオパークへ行こう!

特典一覧(PDF:1.2MB)

写真でジオパーク!

ジオパークへ行って写真を撮ろう!みなさんの撮影した写真が、なんと特別展示室に映し出されます!

みんなでジオパークの「今」の様子を展示室に届けよう!

投稿方法は、コチラ↓

※このWebアプリは、特別展の特別協賛機関である北海道地図株式会社様が企画・制作しました。

P1030478

北海道のジオパーク

ジオパークとは?

洞爺湖有珠山ジオパークアポイ岳世界ジオパーク白滝ジオパーク三笠ジオパークとかち鹿追ジオパーク


資料・写真借用協力

足寄動物化石博物館、アポイ岳ジオパークビジターセンター、遠軽町教育委員会、株式会社集英社、白滝ジオパーク交流センター、滝川市美術自然史館、忠類ナウマンゾウ記念館、洞爺湖温泉小学校、とかち鹿追ジオパーク会館、中川町エコミュージアムセンター、ひがし大雪自然館、日高山脈博物館、北海道大学総合博物館、北海道大学附属図書館、北海道立埋蔵文化財センター、三笠市立博物館、むかわ町穂別博物館、山﨑ワイナリー、由仁町ゆめっく館(予定)

事業・広報協力

一般財団法人北海道ハイヤー協会、環境省北海道環境パートナーシップオフィス、遠軽信用金庫、株式会社AIRDO、北海道マガジン「カイ」(株式会社ノーザンクロス)、ジェイ・アール北海道バス株式会社、ダウ化工株式会社、北海道銀行、北海道Likers(サッポロビール株式会社)(予定) 企画展一覧へ