おしらせ

【中止】音の考古学〜出土品から楽器の源流を探る

2020.04.01 (水)

【臨時休館の延長にともない、この行事は開催を中止いたします】

日本に古くから伝わる音楽や楽器には、奈良・平安時代にさかのぼる雅楽、正倉院宝物に残されている楽器(奈良時代)などが知られています。それ以前はどのような音文化や楽器が存在したのでしょうか。その手がかりとして、日本各地の遺跡から出土した「音を鳴らす道具(音具・楽器)」について取り上げ、考古学的アプローチから音文化と楽器の源流について考えます。  


第17回企画テーマ展「楽器 見る・知る・考える —北海道博物館資料+枡谷隆男コレクション—」についてはこちら
おしらせ一覧へ