展示

第15回企画テーマ展「エゾシカ」

2019.10.12(土) - 12.15(日)

 

 

現在の北海道で、生き物をめぐる話題のうちもっとも大きな問題となっているのがエゾシカです。
このエゾシカについて、動物としての姿から、過去の人との関わり、近年の個体数増加とそれによる影響、その対策まで、多様な視点から広く紹介し、北海道の野生動物と人との関係、その将来について考える機会とします。
キャッチコピーは「百聞は一見にしかず」。

 

企画テーマ展チラシ(PDF 3.5MB)

開催概要

会期 2019年10月12日(土)〜12月15日(日)
時間 9:30~16:30(入場は16:00まで)
休館日 毎週月曜日(10月14日、11月4日は開館)、10月15日(火)、11月5日(火)
会場 北海道博物館2階 特別展示室
観覧料 無料
主催 北海道博物館
協力 北海道環境生活部生物多様性保全課、北海道石狩振興局保健環境部環境生活課、地方独立行政法人北海道立総合研究機構環境科学研究センター、酪農学園大学、一般社団法人エゾシカ協会、一般社団法人北海道消費者協会、生活協同組合コープさっぽろ ほか

 

 

展示構成

・第1章「しかと見よ! これぞエゾシカ」
       エゾシカってどんな動物? あなたのギモンにこたえます。

・第2章「あしかけ何年? 人とシカ」
       人とエゾシカ、その関係をたどってみましょう。

・第3章「やるしかない! シカ対策」
       近年増えているエゾシカ。その実態と対策について紹介します。

関連行事

 

講演・講座・自然観察会等

10月19日(土)
13:00〜16:30
シンポジウム「いま、あらためてエゾシカ問題を考える」
11月3日(日)
13:30〜15:30
文化の日講演会「植物を食べるシカ、シカに食べられる植物」
11月9日(土)
10:00〜12:00
自然観察会「紅葉の森で動物を探そう!」
11月24日(日)
13:30〜15:30
ミュージアムカレッジ「開拓使の頃のエゾシカと人」

特別イベント

11月16日(土)
10:00〜16:30
エゾシカまつり

ミュージアムトーク

10月14日(月・祝)
開拓使とエゾシカ
10月22日(火・祝)
13:00~14:00
飛び出し注意看板
11月4日(月・祝)
食べて減らす? 美味しいエゾシカの話
11月23日(土・祝)
馬と鹿のお話
企画展一覧へ