行事・イベント

特別イベント
フォーラム 松浦武四郎研究のこれまでとこれから

2018.08.26(日)

第4回特別展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎-見る、集める、伝える-」関連行事
北海道150年事業関連行事

特別イベント<br>フォーラム 松浦武四郎研究のこれまでとこれから

松浦武四郎は、江戸時代おわりごろの北海道を6回にわたって踏査し、さまざまな記録を残したばかりではなく、尊王攘夷派の志士、画家、民俗学者、出版編集者、古物のコレクターなど、さまざまな方面で多彩な活動を行いました。そうした武四郎の多様さにも注目しながら、歴史学、考古学、美術史学など、さまざまな角度から、武四郎研究のこれまでをふりかえり、今後の展望や課題について考えます。

 

イベント詳細

行事番号 26
日時 8月26日(日) 13:30〜16:30
会場 講堂
対象 中学生以上(大人向け)
定員 80名(先着)
講師 基調講演:田端宏氏(松浦武四郎研究会会長)
パネリスト:五十嵐聡美氏(北海道立近代美術館)、内川隆志氏(國學院大學)、太田光俊氏(三重県総合博物館)、谷本晃久氏(北海道大学)
進行:三浦泰之(当館職員)
参加費 無料
道民カレッジ ほっかいどう学コース3単位、ジュニアコース1単位

受付状況

7月27日(金)からお電話で受付します。

申し込み方法

お電話での申し込みをお願いします。
電話番号:011-898-0500(受付時間:開館日の9:30~17:00)

行事・イベント一覧へ