周辺施設のご案内

野外博物館 北海道開拓の村

開拓の村 外観

北海道開拓の村ってどんなところ?

明治〜昭和初期に建てられた北海道の歴史建造物を移築復元した野外博物館です。貴重な文化遺産を保存し、後世に伝えるとともに、開拓当時の人びとのくらしを体験的に理解してもらうことを目的として、1983(昭和58)年に開村しました。

市街地、漁村、農村、山村の4つのエリアに52棟の歴史的建造物が軒を並べ、村全体が展示場になっています。

おすすめは、子どもたちにも人気の「馬車鉄道」です。窓からのさわやかな風を頬に感じながら、車窓からながめる村内の景色は格別です。馬車鉄道は、30~40分間隔で運行し、約500mの距離を約5分かけて走ります。冬には「馬そり」が村内を回ります。

北海道博物館から徒歩10~15分

馬車鉄道

青山家住宅

ご利用案内

開村時間 5〜9月 9:00〜17:00
10〜4月 9:00〜16:30
休村日 5〜9月 無休

10〜4月 毎週月曜日(祝日・振替休日の場合翌日)

料金 一般800円(通年) 大学生・高校生600円(通年)
※中学生以下、65歳以上の方、障がいのある方は無料。
※お得な年間パスポート、団体割引もあります。
※2016年4月から料金が変更となりました。詳しくは次のページをご覧ください。
北海道開拓の村 ごあんない(開村時間・利用料金など)

お問い合わせ

北海道開拓の村公式サイト