周辺施設のご案内

野幌森林公園

野幌森林公園ってどんなところ?

野幌森林公園は、貴重な天然林の保護育成と、道民への自然に親しむ休養の場の提供を目的に、北海道百年記念事業の一環として、1968(昭和43)年、道立自然公園に指定されました。2,053haの面積のうち、大部分は国有林で、その一部は昭和の森・自然休養林や鳥獣保護区に指定されています。公園内には、遊歩道がはりめぐらされ、自然観察や森林浴、冬には歩くスキーなどを楽しむことができます。

春の遊歩道の様子

秋の遊歩道の様子

どんな生き物がいるの?

野幌森林公園のなかの天然林には、温帯林から亜寒帯林への移行帯に位置する森林のようすが、比較的よく残されています。ミズナラ、カツラ、シナノキなどの温帯性の広葉樹林、トドマツを主体とする亜寒帯性の針葉樹林、これらの樹種が入り交じった針広混交林です。

公園内には、キツネ、タヌキ、ユキウサギ、エゾリス、エゾモモンガ、ヒメネズミなどの小・中哺乳動物が生息しています。

また、天然記念物のクマゲラをはじめ、フクロウ、オオルリ、キビタキ、シマエナガ、シジュウカラ、アカゲラなど、およそ140種の野鳥が見られます。オオルリオサムシ、ゲンゴロウなどの稀少な昆虫や、エゾハルゼミ、ミヤマクワガタなど子どもに大人気の昆虫も見られます。

エゾリス

ミヤマクワガタ

アカゲラ

ご利用案内

年中無休でご利用できます。

駐車場のご案内

記念塔口(百年記念塔前駐車場)
開拓の村前駐車場
7:00〜17:00
大沢口、登満別口、瑞穂口、トド山口各駐車場 24時間使用可
野幌森林公園の正面ゲート
(厚別東小学校前)
7:00〜22:00
時間外はゲートが施錠されます。

公園内のご案内

詳しくは、こちらをご覧ください。

野幌森林公園公式サイト 公園マップ

野幌森林公園への動物・植物等の持ち込みは禁止されています。ただし、記念塔や北海道博物館のまわりの遊歩道の一部では、犬の散歩をすることができます。

お問い合わせ

北海道博物館総務課
TEL:011-898-0456