館長

 

石森 秀三 (Shuzo ISHIMORI)

称号 国立民族学博物館名誉教授
総合研究大学院大学名誉教授
北海道大学観光学高等研究センター特別招聘教授
受賞 1986年、大平正芳記念賞
専門 文化人類学
博物館学
観光文明学
略歴

【職歴】

京都大学人文科学研究所研究員(1971)

国立民族学博物館第四研究部助手(1975)

国立民族学博物館第四研究部助教授(1985)

国立民族学博物館第四研究部教授(1996)

総合研究大学院大学文化科学研究科教授(1996)

国立民族学博物館先端民族学研究部教授(1998)

国立民族学博物館民族社会研究部長(2002)

国立民族学博物館博物館民族学研究部長(2003)

総合研究大学院大学比較文化学専攻長(2003)

国立民族学博物館文化資源研究センター長(2004)

北海道大学観光学高等研究センター長(2006)

北海道大学大学院観光創造専攻長(2007)

北海道大学観光学高等研究センター特別招聘教授(2013)

北海道開拓記念館長(2013)

北海道博物館長(2015)

【社会活動】

観光立国懇談会委員(内閣官房)

アイヌ政策推進会議委員(内閣官房)

文化審議会文化財分科会専門委員(文化庁)

文化審議会企画調査会会長(文化庁)

国土審議会北海道開発分科会専門委員(国土交通省)

観光と環境に関する研究会座長(国土交通省)

地域資源活用促進事業委員会委員長(経済産業省)

ラグジュアリートラベル促進委員会委員長(経済産業省)

北海道遺産協議会会長

北海道博物館協会会長

北の縄文文化道民会議幹事

日本コンベンション研究会会長

観光創造アカデミー理事長

日本エコツーリズム協会理事

日本ヘルスツーリズム推進機構理事

旅の文化研究所運営評議委員

主な研究業績

2017『観光創造学へのチャレンジ』北海道大学観光学高等研究センター(共編著)

2016『尾道型デスティネーション・マネジメントってなに?:多様な地域遺産を生かす観光まちづくり戦略』北海道大学観光学高等研究センター(共編著)

2011『エコツーリズムを学ぶ人のために』世界思想社(共編著)

2010『コミュニティ・ベースド・ツーリズム事例研究:観光とコミュニティの幸せな関係性の構築に向けて』北海道大学観光学高等研究センター、日本交通公社(共編著)

2008『大交流時代における観光創造』北海道大学(編著)

2001「国立民族学博物館調査報告 23 エコツーリズムの総合的研究』(共編著)

2001『国立民族学博物館調査報告 21 ヘリテージツーリズムの総合的研究』(共編著)

2000『博物館経営・情報論』放送大学教育振興会(編著)

2000『博物館資料論』放送大学教育振興会(編著)

1999『南太平洋の文化遺産』千里文化財団(編著)

1999『博物館概論:ミュージアムの多様な世界』放送大学教育振興会

1996『観光の20世紀』ドメス出版(編著)

1985『危機のコスモロジー:ミクロネシアの神々と人間』福武書店